ミゾレ

来週は5月、今朝は0℃で最高気温が4℃

フランス寒い春 

太陽の見えないミゾレの天気予報

先週出逢った風景画の撮影。

バルビゾンで制作した画家

1868年制作

フランス19世紀絵画 バルビゾン派 

家に帰って調べたら、
フランス各地の美術館にも収蔵されている画家だった。

しっかりした絵は安心して感情を委ねられる。
深くて無限の空間が心地よい。



昼はウドンとワラビとワカメのサラダ。

ボージョレ山地のワラビ (1)ボージョレ山地のワラビ (2)

今年は気温が低くてワラビは少なかった。






スポンサーサイト

静かな週末


4月に入って管理画面に進めなくなってブログの更新が不可能になりました。
今日は何故か復旧。。

パリのシャンゼリゼでテロがありましたね。
フランスのニュースを見てると、
32秒の辺り、パトカーの中から警官の銃口がこちらに向いています。

警察官が撃たれた場所は旧在仏日本人会事務所の前あたり
有名なカフェ・ジョルジュサンクの赤いテント横の木の扉が日本人会入口で
左の大きなトラックが止まっている場所が銃撃の現場。
奥が凱旋門。
次男が小さな頃には3輪車に乗せて散歩していた場所です。

2002年頃?日本人会事務所前にて
左は開店したばかりのルイヴィトンの大型店
息子達は12歳と4歳くらい?
シャンゼリゼと凱旋門とルイヴィトン 

さて4月の終わりなのにボージョレ山地の朝は氷点下。
なかなか暖房を消せない。

息子達は昨日から南仏のモンペリエで2泊の空手研修会に参加。

日本人高段者の先生達が来られるそうだ。

空手以外にも少林寺拳法の青坂先生も。


つらりつらり、、と久し振りの近況報告でした。













サマータイム

今日から夏時間。

日本との時差は7時間。


久し振りの日曜の休日。

起業して6年目、病気の時以外は働きズメ。

フランスの天気 愛媛の天気 (1) 

ボージョレの気温と愛媛の気温が同じだった。

日本は寒いみたいだ。

フランスの天気 愛媛の天気 (2) 

日本の天気は、、

どうしても四国を見てしまう。




グーグルのサービス
現在の大気の流れが解ります。

地球の気流の流れ マウスで地球をくるくると回せます。











フランス治安


車の中でティータイム。

最近はレモンティーに凝っている。

ティーバッグ2袋を
熱々の魔法瓶にレモン果汁と蜂蜜を入れると出来あがり。

車中の飲み食いは背の低い車は不向き。

フランス 治安 スリ (1)

向うは路面電車のホーム。

ホームの手すりに衣類を掛けて売っている。
違法露店。

フランス 治安 スリ (4) 

日本から家族が遊びに来ると必ずスリに付き纏われる。
我が家だけで行動すると23年間一度もそんな事は無い。
妹夫婦なんて地下鉄でハンドバッグに手を入れられているのも気が付かない。
義父は改札で黒人に前をブロックされてオロオロ、後ろの人がその間にスル。
どちらも初歩の手口。

パリに住んでた息子が日本人観光客はすぐ解ると言う。
息子曰く、日本人は善良で人を疑わない、
基本的に騙されたり危害を加えられると言う警戒感が無いんだと思う。
大学に居る日本からの留学生と話しても、そう感じるそうだ。
純粋無垢で穢れを知らない、でも幼い。

日本の治安の良さは世界に誇れるけど、そのままの感じで海外に出ると痛い洗礼を受ける。


↓のホームの中で怪しい人を一瞬で見分けられますか?

フランス 治安 スリ (2)


海外での安全は自分で守るもの。



 フランス 治安 スリ (3)


出来ないと淘汰されるのみ。


誰も助けてくれません。。。



パリの地下鉄で日本人を狙うロマ族の少女達。



まあパリの地下鉄にブランド物?の紙袋を持って乗る事自体がチャレンジャーです。
現地人は決してしない行動ですね。

1分31秒の所で紙のバッグからブランド品と思われる黒いバッグを取り出しています。
撮影者に気が付き暴力を振るわれなかっただけラッキーでしたね。
ナイフ所持してる場合が多いので、下手に抵抗すると切られます。

海外ではファスナーで閉まらないバッグは危険です。肩にたすき掛けも駄目。
前に抱えて両手で防御して下さい。
ブランド品を買ったら地下鉄には乗らない事です。

暴力のエスカレートするパリ地下鉄



力の弱い女性とか老人を狙っています。

ピアスしてガムを噛んでる黒人男性は私服警官です。

何もかもが日本と随分と違うでしょ。







 

古いスケッチブック


次男がスケッチを描き始めた。

パパのデッサンって無いの?

引っ越しが多いから学生の頃の石膏デッサンも何処かへ。

フランス生活 デッザン スケッチブック (1) 

段ボール箱を探すと古いスケッチブックが出て来た。

まだ日本に居た頃のスケッチ。


北方ルネッサンス中世絵画の模写

スケッチ デッサン (5) 

ロバートキャパの写真集より
フランス生活 デッザン スケッチブック (2)
グスタフ・マーラーだっけ?

スケッチ デッサン (4) 

これは忘れた。。

フランス生活 デッザン スケッチブック (4)

こちらはアフガンの写真集?だったような。
水瓶を乗せるあどけない少女の目が印象的だった。

スケッチ デッサン (3) 

少女のスケッチ 



こちらも写真集より

スケッチ デッサン (1) 

ネパール?民族衣装で何かを食べる少女。

スケッチ デッサン (2)


こちらは長男が3歳の誕生日
寝返りをしないうちに手早く。

フランス生活 デッザン スケッチブック (7)

頬づえをする連れ合い。

フランス生活 デッザン スケッチブック (8)


もう四半世紀も前、、、

時間が経つのは早い。







プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle



仏蘭西・ボージョレ在住 西洋流絵師

 
    絵画制作

    骨董市巡り



興味とジャンル
   
    自転車散歩
    
    地質・気象

    ダンベル筋トレ
  
    旧市街 旧街道 
  
    サイクリング&野宿
  

生活スタイル 

  クロスカントリー
  
  田舎暮らし&時々都会


信条

  雑草の如く
  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読


持病

過敏性腸症候群


苦手

  集団

  蜘蛛

  オバケ

  タバコ

  繁華街 

  土の無い場所






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR