フランスの気候

今年は寒暖の差が激しい夏です。

朝起きたらグーグルで天候と気温を確認します。
風景画を外に描きに行く事が多かったので、その頃からの習慣です。
一週間の天候もチェックします。

油彩は乾燥がゆっくりなので、天気予報を見ながら描く順序を組み立てる訳です。
春とか秋は木々の変化も激しいので、翌週になると葉っぱの色も変わりますから。。



今週の初めは冬になるのかと思う程に寒かったです。

P1530880.jpg
朝の気温が3℃って霜が降りる気温です。
P1530881.jpg
ボージョレ山地も8℃でした。


フランス人と言うかヨーロッパの人の面白い所は、朝は息が見える程寒くても午後に気温が上がる予報だと半袖で歩いています。
東京などでも欧米系の人達は春先から半袖の方が居られますもんね^^;。


当日のヨーロッパの上空を見ると北極海から北欧を通って気流が流れ込んでいます。

P1530882.jpg


フランスが灼熱に襲われるのは大西洋に高気圧が張り出して、アフリカからの熱風が北に押し上げられる時だそうです。
P1530883.jpg
こう見るとアフリカの砂漠地帯はヨーロッパがすっぽりと収まる程に巨大ですね。


北極と北アフリカ、そして北大西洋の3点の気候が押し合ってる現場がヨーロッパなのでしょう。
スポンサーサイト

高原トレッキング

7月の最終日、時間が空いたのでお隣のローヌ県の高原を歩いてきました。

車を走らせ一時間で麓のシャルマゼルに到着。
バカンス中なのに静かな山里。
P1530155.jpg
観光案内所で地図を買って。

さらに登り口まで移動します。

さて出発です。
ここも既に1200m以上の高原です。

P1530156.jpg

P1530157.jpg

水が湧いています。

P1530159.jpg
しかし日本の様に飲めないのです。。理由は後ほど。

P1530158.jpg

西のオーヴェルニュ方面を望む
P1530160.jpg
坊ちゃんは草臥れたのだとか。。
P1530162.jpg
出発点を振り返る。何だか故郷の【四国カルスト】みたいです。
P1530164.jpg
平野は灼熱でしたが、山の上は涼しかったです。
P1530165.jpg

尾根の向こうは凄い突風でした。
この急激な変化には息子たちも驚いた様で、山の厳しさを少し解ったみたいです。
P1530169.jpg

牛達がこっちを見ています^^;。
P1530170.jpg

このゲートはトラクターなどは自由に出入りできますが、牛達はここを通れません。
P1530172.jpg
天空の牧場ですね。
P1530173.jpg
ヨーロッパは高山の上まで牧場などがあって羊などを放牧しています。
動物達の屎尿がが交じるので、山の水は飲めないんですね。
北海道もキツネが生息してるから飲めないとか。。

湧水に居たカエル。
P1530174.jpg
フランスでは珍しいです。
P1530175.jpg
高緯度なので昆虫も日本よりずっと少ないです。


息子にドロミテのトレッキングシューズを貸したので、今回はワークブーツで登りました。

下山中に草の上で滑って脚を捻挫してしまいました。

2週間経ってもまだ痛いです^^;。

やっぱり山歩きはハイカットの専用の靴が良いみたいです。。


8月10日

日本の夏の風物と言えば怪談話でしょうか。

西日本を中心に日本は灼熱だとか、、。

少し涼しくなる話を。。



8月10日は、ヴェルサイユ宮殿でマリーアントワネットの幽霊が多く目撃される日だそうです。


ルイ16世の王権が停止されたのが1792年の8月10日。

フランス革命が始まり一度はパリから逃亡したルイ16世と家族達は、フランスの北東部ヴァレンヌで捉えられパリのチュイルリー宮殿に幽閉されました。

その翌年の1793年の1月21日の朝10時22分にルイ16世は処刑され、同じ年の10月16日にマリーアントワネットも同じコンコルド広場で断頭台の露と消えました。


パリの中心で観光客で賑わうコンコルド広場ですが、一年半で1116人が処刑されました。
マリーアントワネットが処刑された場所は広場の北西角、現在のアメリカ大使館寄りの地下駐車場出口の辺りだそうです。

あそこの無料地下トイレは便利なのでよく使っています^^。
ちなみにパリでトイレが無くて困った時には地下駐車場に行くと大抵見つかります。
治安の悪い地区では、駐車カードの持ってない人は入れない場所もあります。


さて時代は遡りますが、16世紀にはカソリックがプロテスタンを襲う【サンバルテルミの虐殺】が起こりました。
一節にはパリ市内で一夜に4000人が犠牲になったそうです。

チュイルリー公園では犠牲になったスイス傭兵達が行進してる姿の目撃談があるそうです。
このエピソードは、先日話題になった日本の首相官邸の軍靴の音に似ていますね。

日本で刑場と言うと暗いイメージが在りますが、コンコルド広場にしろ、同じく千人以上が処刑されたパリのナシオン広場にしても暗いイメージは微塵も感じませんね。。

お国柄と言うか国民性と言うか、、私は日本の怪談が一番コワイですね^^;






雲海

今朝は気温13℃、息が見える程に冷え込んだ。


キッチンの窓から外を見ると雲海が迫ってきた。
 
P1530557.jpg

あっと言う間に霧に飲み込まれてゆく。。
P1530558.jpg

向かいの山も頂上を見せるだけ
P1530560.jpg


今日の予想最高気温は23℃、、過し易いけど、夏はいずこへ~~。。チャーリー浜ふう^^

寒い

先週末は頭がクラクラする様な熱波。

P1530199.jpg



昨日から気温が下がり、朝は暖房が恋しいです。

P1530492.jpg


このまま秋になってしまうのでしょうかね?


高緯度地帯は、太陽が出てる時と曇った日の差が激しすぎです。


ブルゴーニュ地方へ

P1530228.jpg
今週末はお隣のブルゴーニュ地方まで出掛けて来ました。

観光客の多い骨董市、、外国語も聴こえます。。

P1530246.jpg
途中はずっと退屈な風景の中を走ります。


こちらは昨年から気になってた人形。
P1530239.jpg
【飛び出しに注意】人形ってフランスにも在るんですね。
P1530240.jpg
って言うか不思議な造形^^;
P1530241.jpg
どうして、こう言う髪型なんでしょう?。
P1530242.jpg
きっとロカビリーの発祥の地じゃないか?と言う事になりました。。冗談(笑)
P1530244.jpg
場所はフランス サン=ティヤンのガール通り、ストリートビューでも見えます。
暇な方は探してみてください^^;。

P1530214.jpg

シトロエン2CVのワゴン現役です。
P1530224.jpg
フランスのゴミ捨て場のガラス瓶入れ。
分別ゴミ処理を初めたのは日本よりずっと後です。

小生こんなに太かったっけ。。。







プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR