思春期

先日、ねえパパ、月光も良いけど流星群も良いね。と次男


私がよく聴いてたので覚えてた様だ、、。


彼は現在思春期真っ只中、、。








スポンサーサイト

ブランク


一昨年から五十肩を患い、2年近くダンベルを持てなかった。

ようやく完治してきたのでトレーニングを再開し始めた。

軽めから慣らして少しずつ重量を挙げて行こうと思う。

トレーニングしている人の通過点と云われている、上腕屈曲40㎝は何とか超えてみたい。
現在コールドで37㎝、トレーニング後のパンプした状態で38,5㎝位。
胸囲は114㎝なので、これも元NHKアナウンサーの草野仁氏の120㎝が目標。

如何して絵描きがトレーニングするの、、の疑問には。。
そこには中学時代のトラウマが。。

幼年時代から絵ばかり描いてるモヤシの様な子供だった。
競技スポーツも全く駄目。

そんな時にクラスメートと腕相撲をして全く歯が立たなかった。

スポーツが駄目なら、勉強が出来れば救いがあるのだが。。
こちらの方も全く駄目で。
生まれてこの方、机に座って勉強をした事が記憶にない。。
高校になっても、午後は抜け出して絵ばかり描いてた。。

相撲をしても柔道を習ってた小柄な子に投げ飛ばされた。

それ以来少しづつだが、自己流で体を鍛える事を覚えた。

若い頃は乏しい財布の中からプロテインを買い飲んだり、空手道場に通ったりした。
道場主は空手バカ一代で有名な芦原先生で師範はK1を興したI氏だった。
芦原先生の前蹴りには戦慄を覚えた、あれは人を殺せる武器だった。

しかし道場には右足の靭帯損傷で結局一年も通わなかった。

結局、何もかもが中途半端で終わってるのだが、、ダンベルのトレーニングは少しの時間を見つけて出来る。
折り畳みのベンチ台とダンベルを買うだけで出費は少なく済み、消耗品で無いので一生使える。

将来海外に出ようと思う日本男児は、現在体力に自信が無かったら鍛えた方が良いでしょう。
特に武士道もそうですが武道は日本人が思ってる以上にレスペクトされています。

西洋社会は単純な所があって見かけを重視します。
筋肉隆々として大きい方が強いと信じています。
だから小柄なアジア人が大男を投げる日本の武術は神秘的に映るのです。

フランス社会も身長差別があって小さいと馬鹿にします。
前大統領のサルコジ氏も小柄でしたから、散々風刺画などでコケにされました。

中国の鄧小平氏は逆に小さな巨人と呼ばれました。
十数億の民を束ねた最後の巨人だったのかも知れません。。







目には目を、。

長男はおとなしかった。

だから随分と中学生の頃はターゲットになって虐められた。

住んでたのはノルマンディーの田舎町だったから毛色の違う僕たちは好奇の目で見られた。

パリから週末だけ別荘で過ごすファビエ氏も、君たちは精神が強いと驚いてた。

ファビエ氏とはパリの証券会社に勤める2メートルのムッシュで、私の絵のコレクターだ。

ファビエ氏の家族も村の中では浮いていた、、近隣の住民は挨拶をしないと言っていた。

パリジャンはフランスの田舎では嫌われている、ファビエ氏家族は別だが当のパリジャン達も田舎者を馬鹿にしている。

私達の住んでた村は途中に渋滞さえしなければ、パリの凱旋門まで一時間で行けた。

そんな距離だけどパリと田舎には埋められない溝があった。

私の知り合いで半世紀以上もフランスに住んでいる日本人から聞いた話だけど、小一時間で行ける場所なのに知人で高齢のフランス人はパリに一度も行った事がないそうだ。。

私がノルマンディーの家を売るときに見学に来た客に,ここはパリまで一時間で便利ですよって.伝えると、、怪訝な顔をして、パリなんて行かないと返事された。。

ボージョレに引っ越してからも、パリを良く云うフランス人に出会った事がない。。

元々フランス人は、日本人で言えば東京志向の様な気風が少ない。

マルセイユとパリは犬猿の仲だし、、ワインの一大産地ボルドーは気位の高い土地柄でパリがナンボのモノって感じだそうです。

長男は2歳半で日本を離れ、幼稚園から大学とグランゼコール入学、、。までこちらの教育を受けた。
小学校の入学して数日経った時に学校から私達父兄に呼び出しがかかった、、。

何かしでかしたか???いやノンビリと大人しい息子に限って。。

不安に想いながら学校に赴くと、担任は紙を見せながら何やらフランス語で、、。

私達が解らないと判断すると、、英語を混ぜながら。。

この紙を見て下さい。この宿題はどうしたのですか??

昨日作文の宿題を出したのですが、、、。

見せてもらうと息子の字でノート一面にびっしりと文を書いている。

表も足りなく裏まで。。

何か問題でも。。と私達。。

これが普通の生徒のです。と見せて貰ったノートはどれも一行だけ。

小学一年生の文章力はこれが平均です。

先生は興奮気味にあなたの息子さんは天才です。

確かに幼稚園の頃からフランス語の本をスラスラと読むのには先生達が驚いてた。

中学に入ると今度は校長から学校創立して以来一番の秀才です、高校では哲学の全国弁論大会に一人だけ推薦された。

哲学科の先生は外国人にフランス語で負けてどうするんだと、生徒達にはっぱをかけたそうだ。

中学時代は勉強が出来て大人しい性格だったから虐めの対象になった。。

でも不思議と学校は休まなかった。

あまり虐めが酷くなったので、私は学校に乗り込んだ。

これ以上学校が放置すると、こちらにも考えがあります。

カツアゲしようとした生徒達は謹慎処分で、再犯したら退学と云われた。

シラク大統領から頂いた年賀状が効果があった。

親日家の大統領に助けられた訳だ。

その後のサルコジ氏だったらこうは行かなかっただろう。。


現在は高校に入学した次男が同じように毎日からかわれるそうだ。

ジャッキーチェン、ブルースリーと囃し立てられウンザリだそうだ。

まあ余りやられたら、ぶん殴りなさいと言ってる。

次男は小柄だけど子供の頃から年上の子も泣かしてきた。

スクールバスの中で後ろから髪を引っ張る奴に今度したら顔面パンチと警告。

やってみろと髪を引っ張った瞬間に顔面パンチが炸裂。

バスから降りる時に、鼻を真っ赤に腫らしてたそうな。

それ以来同じ事はしなくなった。

私達家族は空手道場に5年間通ったけど、次男は180度開脚は初めから出来て、天性の当て勘があった。

当時40キロに満たない次男のローキックを受けて2日程歩けなかった事があった。



海外に於いては自分の身は自分で守る。

家族を守る為には手段は択ばない。

これが長い海外生活で学んだ事だ。




領空侵犯してくる輩は撃墜で宜しい。



それが国際社会の常識だと思います。







高緯度の空

ボージョレ地方は稚内より少し北になります。


窓辺でアンティークを撮影していると光が目まぐるしく変化して行きます。


800_P1580318.jpg


少し手を休めて空を鑑賞、、。


800_P1580321.jpg
 

高緯度の空は低くてダイナミックだ。


800_P1580319.jpg


南国は光に溢れてると云いますが、、それはそれで確かに。。



でも惹かれるのは、、光の余韻と云うか,、微かな粒子。



600_P1580302.jpg



作曲家シベリウスを生んだ北欧には優れたガラス彫刻化家が居るそうです。。


それは、やっと地上に届いた光の粒を集める様な繊細な作風だとか。


ヨーロッパの長い冬はもうそこまで来ています。







暖房


夕方PCに向かって仕事をしていると部屋がオレンジ色に染まった。

400_600_P1570560.jpg

黄昏時、絵のモチーフとして一番好きな時間帯。

500_600_P1570563.jpg

オーベルニュ地方へ沈む夕日。

500_600_P1570564.jpg

そう言えば、絵の制作に励んでいた頃は空ばかり眺めていた。。


会社が軌道に乗るまではあと数年は掛かりそうだ。

もう暫くは筆を持てそうにない。




こちらはすっかり日本で言えば晩秋の様な気候。


280_400_600_P1570555.jpg

日本製の石油ストーブに点火した、、、、のだけど灯油が無かった。



Copied_320_600_P1570558.jpg
大家さんが工事してくれた集中暖房を、この秋初めてONにする。

ノルマンディーの自宅は自費で工事をしたけど、ボイラーと配管工事で9000ユーロ掛かった。

賃貸も悪くはないと思う。







秋がもうそこに。

キッチンから見える外にはもう紅葉が。。

8月も終盤になりストーブを点けようかなと思ってたら、翌日は30℃以上になり、今日は朝の気温が12℃。

すっかり喉をやられて、この一週間治らない。

500_P1570376.jpg


日本から太鼓台のキーホルダーを送ってくれた。

500_P1570370.jpg

よく見ると結構精巧に出来ている。

500_P1570371.jpg

下から見るとちゃんと大きな和太鼓も再現している。

500_P1570372.jpg

いつか精密なミニチュアを欲しいけど、、フランスでも人気のタミヤさん作ってくれないかな。。
全国区で需要がないから無理か。。笑

500_P1570373.jpg

9月に入ると祭りに向けて新居浜人もお隣の西条人もソワソワします。

日本三大喧嘩祭り 期間中は全国から機動隊が集結し警戒にあたります。





時には荒れに荒れますから観光客の方は気を付けて下さい。



地元出身者は正月・盆に帰省しなくとも祭りには帰ると云われています。

千の風になってを歌った秋川雅史さんも西条祭りには必ず帰省してるそうです。

500_P1570374.jpg


先週末は悪天候、、やっと太陽が出ました。。










お爺さん。

レノボはフランスの修理センターで修理してくれる事になった。

日本のアマゾンで購入したと伝えると、伝票をフランス語翻訳して一緒に送ってとの事。

320_P1570011.jpg
驚いたのは、メールでシールを送るからそれをプリントアウトして郵便局へ持ち込んで下さいとの事。
嬉しい誤算は送料が無料。

なかなかやるじゃんレノボ。。少し見直しました。

やり取りは、全て長男頼み。

これで無事修理出来れば良しとしよう。。
でも修理できませんでした、、フランス語版に交換しますなんて事にならないか一抹の不安が。。


さて新学期が始まって息子たちは、それぞれの学校へ。

この時期心配なのは新しい生徒との顔合わせで必ずCHINETOQUEシントックとからかう連中が居る事、、。
直訳すれば間抜けな中国人と云う意味だそうですが、一般的にアジア人に向けられます。
一か月もすれば日本人と知れ渡りそれも落ち着くのですが。。
まあそれも中学生あたりまでですが。




640_P1570106.jpg


さて朝起きたらオヤジが悪戦苦闘してるのを見かねたのか、、長男がシールを張ってくれていました。
普段日本語を書く事が少ないので、お世辞にも字が綺麗ととは言えませんが一生懸命やったのでしょう。。涙


640_P1570102.jpg
640_P1570103.jpg

フランス語版では随分とキーボードの位置が違います。

640_P1570104.jpg

何だか、お爺ちゃんPCってこうやって使うのよ。って
640_P1570105.jpg



まだまだ悪戦苦闘は続きます。。









気が遠くなる。。


新しいPCが到着しました。

今回はASUSのPCを選びました。

理由は故障率が少ないらしいのと、東日本震災の時に台湾にお世話になったから。

このPCですが凄く軽く感じます。
ウルトラブックって持った事がないですが、これで十分軽量です。
この重量でDVDも書き込めるのだから技術の進歩を感じます。

320_P1560807.jpg

ウインドウ8ですが、、慣れないと超難しいです。
PCを普段から使いこなしてるユーザーには良いのでしょうが、エンドユーザーには敷居が高いかもです。
320_P1560806.jpg
慣れればタブレット感覚で面白いかも知れませんね。。
でも慣れるまで凄いストレスが掛かると思います。

仮に会社等でこのウインドウ8に変えたとすると、一週間は仕事にならんでしょうね。
息子なんかを見てると若い世代の人達はゲーム機で育ってこういう機器を勘で操作しますが、私達の世代には荷が重いですね。


しかし、これまでのパソコンにも言えますが使わない機能が沢山あって、もっと簡素なパソコンって出来ないんでしょうかね。。

320_P1560804.jpg
日本語を打てる様に設定してもらったけど、フランス語バージョンのキーボード入力は難しいです。
ブラインドタッチ出来れば楽なんでしょうけど、アルファベット以外も操作が違うそうで。。

今日はウインドウ8に使える画像縮小ソフトを探してダウンロードしました。
8に入ってるピクチャーは機能が複雑すぎて、おまけにフランス語表記なので笑えないです。

P1560801.jpg
レノボは無料で修理してくれる事になりました。
P1560802.jpg
2週間掛かるそうですが、保証期間内で良かったです。

キーボードの感触はレノボの方が断然良いです。

早く修理から戻って来て欲しいです。。

パソコンの故障

昨年秋に日本で買って来たレノボのPCがもう故障。。

補償期間中だけど修理に出すにも日本へ送らなければならないし、、困ったな~。


この古いNECはハードディスクが満杯で画像を取り込む事が出来ない。



仕事も出来ずトホホな状態です。。。
プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読




  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR