日本から


11月になって忙しく毎週の様に日本全国への出荷ラッシュです。

500_P1620611.jpg

これで一週間分の荷物、20キロ便、15キロ便、10キロ、7キロと色々です。



午後のコーヒータイム。


お得意様が季節ごとに送って下さる日本の味覚を頂きました。

一日中ガスの掛かった窓辺で。
500_P1630084.jpg

東京のT様、何時も有難うございます。

今頃軽井沢の別荘でお過ごしですね。。





毎年年末になると鄙びた湯治場にでも出かけたい気分になります。


まだまだ、、子育て後の夢に取っておきましょう。。

スポンサーサイト

氷点下


今朝は氷点下5℃だった。

本格的な冬の到来。


510_P1630078.jpg

夕方少し空がピンク色に染まった。

510_P1630080.jpg


体育館の灯りが燈る。

510_P1630079.jpg

理解不能

息子がジャパンタッチと言うイベントのチラシを持って帰った。

有名なパリのジャポンエキスポはヨーロッパ中からファンが集まる。

320_P1630069.jpg


地方でもこのような日本文化に触れるイベントが人気らしい。。



しかし、、、よく見るとCOREE=韓国の文字が。。。

エスパース・コレ―とは韓国のブースも参加している意味。

320_P1630070.jpg


どうして彼らは日本と言う名を利用するんだろう?


モットも日本と言うブランドは儲かるから、このイベント自体も誰が主催してるかは、、解りませんが。。笑


何処かの大統領がヨーロッパを廻ながら、告げ口外交を繰り広げたそうですが。。

ヨーロッパは何百年もアフリカを初め世界中を植民地化して来ました。

そんな国々に過去の謝罪&歴史認識なんて訴えても同意は得られないでしょう。



フランス人の多くは韓国って何処だっけ位の感覚でしか有りませんから。。




久しぶりの晴天


久しぶりの晴天。


500_P1620940.jpg


しかし骨董の撮影をしなければ。。



580_P1620945.jpg



あれやこれやで、、アッと言う間に時間が過ぎて行く。



320_P1620946.jpg





冬の日は短い。。






週末は

週末は基本的に骨董市へ

嵐か大雪で無い限り出掛けます。

冬の朝は暗くて嫌だ。

470_P1620752.jpg

ボージョレ山地の峠を越えて下山する。

小一時間で平野に出てA6号線に合流する頃には全く雪が無い。

470_P1620753.jpg



320_P1620920_20131126045642f62.jpg

さて無事買い付けも終わり山へ帰る事に。。

470_P1620755.jpg
トンネルは110㌔の標識。
470_P1620758.jpg

山間の街を見下ろしながら。。
470_P1620761.jpg

次のトンネルを抜けながら高度を上げて行く。
470_P1620763.jpg

峠付近はガスに包まれている。

470_P1620764.jpg

峠を下ると視界が開けて行く。


470_P1620766.jpg
遠くに住んでいる町が見えホッとする。


470_P1620768.jpg

先日の大雪で左右の枝が折れ可愛そうな姿になった木が、、。


帰って戦利品を眺めてると、また骨董市に出掛けたくなった。笑








マーケティング

ユニクロがアメリカ・ヨーロッパ・ロシアで苦戦しているらしい。

何と無く解る気がする。

ユニクロの製品はウチも息子達に何度かアウターなど買いましたが、生地の耐久性に問題があると思いました。
フリースの色なんかも垢抜けない。。

日本では比較的無臭でシンプルなモノが好まれますが、フランスでは個性的なモノが好まれる傾向があります。


スポーツ用品だど日本より安く入手出来ます。

500_P1620671.jpg

日本ではマイナーな乗馬・ヨットなども一般的で、専用の衣類もそれ程高価ではありません。
500_P1620672.jpg


西洋でもカトリックの国では男性はマッチョさを女性はセクシーさ演出する傾向が強いです。
逆にプロテスタントの国では中性的でユニセックスの傾向が強いですが色感が重い。

どちらにしてプレーンでナチュラルな傾向が強い日本のモノは、時としてアクの強い西洋では埋没する場合があります。




雪掻き


今日もご近所の商店主さん達と雪かき。

530_P1620573.jpg

皆でシトロエンのピカソを掘り出した。
フランスは車庫証明書なんて無いので皆さん路駐が普通。
大雪で極端に駐車場不足。

530_P1620572.jpg

何時もスコップを借りるのは悪いので、急遽除雪スコップを買ってきました。
530_P1620574.jpg

冬の弱い太陽だけど出ると嬉しい。
530_P1620537.jpg

まだまだ冬の入口だ。





ボージョレの雪景色

昨夜から降り始めた雪は、朝になると40㎝近く積もっていた。。

520_P1620477.jpg



町の駐車場に停めてる車を移動したのだけど、深みに嵌ってスタック。


近所の人に借りた雪用のスコップで除雪するのに小一時間も掛かってしまった。。



町の中をMTBで走ってみました。

こんな日に自転車は危ないわよって、マダムが目を丸くして忠告してくれたり、この自転車はスタッドレスタイヤかい?って言うムッシュを避けながら町の中心地を一周。

除雪車と融雪剤を撒くトラックが忙しそうに行ったり来たり。

520_P1620475.jpg


本日は一日中雪が降りしきる。



クリスマスの飾りも寒そう。

520_P1620476.jpg



東京に住んでた頃は大雪の日も10キロ離れた仕事場に自転車で通ってた。
小金井公園を横切る時はラッセル状態でした。


さてこの雪は、日曜まで降り続くそうです。。


ヤレヤレ。。。






初雪


今日は一日中曇り空。

530_P1620350.jpg
 
午後からミゾレ交じりの雪がチラチラと。

ヨーロッパは暗くて長い冬の入口だ。

太陽が恋しい。。




JAZの腕時計

骨董市に出掛ける愉しみの一つは時計を探す事。

ヨーロッパは時計の本場で19世紀の懐中時計なども珍しくありません。

でも流石にスイスの有名メーカーになると高級アンティークショップへ行かないと見つかりませんね。

一般の骨董市で見つけた有名ブランドはボーム&メルシエとオメガ位かな?

先日はエドックスのアンティーク腕時計を迷ってる内に買われてしまいました。。


今は廃業したメーカーとか、それ程有名で無いメーカを発掘するのも面白いです。


私の様にへそ曲がりで、人と同じが嫌な方はその傾向が強いと思います。


今回見つけたのは、ずっと探していたJAZの腕時計。

320_P1620215.jpg

JAZの目覚まし時計は日本でも人気ですが、腕時計も作っていました。

実物に出会うのは今回が初めてです。

不動品でおまけにボロボロなのに結構なお値段がします。。

迷いましたが、イチかバチかで入手。



帰宅して裏蓋を外すと意外と綺麗なムーブメントが出てきました。

320_P1620218.jpg

スイス製7石と書いています。
古いボタン電池の液漏れも無くサビも出ていません。

これなら動くかも・・?

320_P1620220.jpg

裏蓋はしっかりしたスクリューバックなので気密性が良かったみたいですね。

320_P1620221.jpg

しかし傷だらけやなァ。。何度か交換したと思われるベルトも幅が合っていないし。。笑
320_P1620222.jpg


テレビのブラウン管を思わすレトロなデザイン。
当時こういうのが流行しましたね。

320_P1620225.jpg

電池交換で無事動き出しました。

最近物忘れが多いので、日付と曜日の機能があるのも嬉しいです。
カレンダ―修正機能の操作方法が一般的な日本製と違って面白かったです。


60年代から70年代のキッチュなデザインに嵌っています。
野暮ったいんですが、、懐かしさに何処か魅力を感じています。。オジン。笑


次は機械式のJAZを探してみよう。。

プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR