こんな生き方

荒川の土手を東京湾まで自転車で走りながら考えた。

日本へ帰ったらホームレスかな。

まあ歳をとったら河原の生活も良いよね?って家内に聞いたら。

絶対厭!って返事が。。

女性の方が嫌なんでしょうかねエ?

当たり前か。。

資格も何も無いフーテン気質の絵描きは潰しが利かない。

かと言って組織が嫌いで群れるのも苦手。

だからこんな外国の山中に住めるんでしょう。。

長年海外にも住めたし、人が出来ない体験を沢山したと思っていますから、
もういつ死んでも良いと思っています。



フランスの骨董屋さんにもこのお爺ちゃんと通じる方が居ます。
いつも酔っぱらって、骨董会場をねぐらにしています。

それにしても都心の一等地。

ビニールハウスのアトリエ。

ある意味羨ましいかも?

何時までもお元気で。


スポンサーサイト

寿司食べたい。。

この春くらいから寿司を食べたくてしょうがない。。

禁断症状、、。

実は寿司を食べて育った。。

何て書くと何処のお坊ちゃまだと思うかも知れません。

実は親戚が寿司屋で母が手伝っていいた事もあり、小学生の頃は夕食が寿司だった。

伯父は四国の寿司大会でも優勝した事もある寿司職人でした。。

大トロなんかも、柵でなく弁当箱一面に乗っかってたり、そんなのが夕食でした。

後にも先にも食生活では一番幸せな時代だったかも?笑


寿司が食べたくて仕方が無いので、

息子のバイトの皆勤賞にかこつけて^^

スーパーの寿司を買ってみた。

ドイツ製寿司 (9)


続きを読む

置き引き


先週末。

バイト先の終点駅に到着したら、バッグが無くなっていたそうだ。

電車で寝ていたそうで。。。

そりゃ盗まれるわ。

パリじゃないので油断してたとか。。

教科書と図書館で借りた本など。。

飛行機の機内持ち込みにする様な大きなバッグなんですが。。

280_P1830731.jpg


そういう私達も新婚旅行でヨーロッパ一周をした時に
手荷物の殆どを盗まれたのもフランスでした。。

南仏のニース駅の手荷物係が捕まりましたが、、
結局荷物は帰って来なかった。


僕が上京した当時は電車の網棚に荷物を置いて居眠りしてる光景は普通でした。
今でも日本は安全なんでしょうかね?


異国での出逢い

今週になってやっと体調が戻りました。

先週はダンベルを持たなかったので、張り切ってトレーニングをしたら、

またまた疲れました^^。

アホなおっさんです。

さて仕事が溜まってるので、一つずつ片付けなくては。。


海外に住んでると、面白い日本人との出逢いが結構あります。

国内に住んでたら、出逢えなかった様な異業種の方、、はたまた雲の上の様な人。。

共通点は海外に飛び出した方ってユニークな方が多いです。


海外事務所になって欲しいなんて打診が在った事もあります。

住所の名義貸しとフランスの企業との連絡。。

仕事に使える程のフランス語力が無いのでお断りをしたのですが。。

この先息子達は可能でしょう。。



以前お世話になった日本人画家のS氏も副業?でパリ近郊にあった日系ゴルフ場の支配人をしておりました。

90年代でしたので、まだ日本のバブル経済の余韻が残っている時代です。

ゴルフには縁が無いので知りませんが、、クラブハウスと言うのですかね?

それがシャトーでした。←リンク

そのシャトーで個展を開催して頂いたのですが、
グリーンの横には12世紀のチャペルもあったりと大変素敵な場所でした。

まあ、こう言う場所がフランスでは上流階級の社交の場なんですね。

その方の一族も軽井沢に私設美術館とか高原文庫などを複数お持ちです。

華麗な一族とはこの事なんでしょうか。。


S氏の祖母の美術館

終の棲家を探して

この時期の風邪はなかなか治らない。。

昨日の夕方少し寝たら少し楽になった。


海外生活も20年も過ぎると、、段々と帰国し辛くなる。

社会保障とか医療保険とかフランスと繋がりが深くなるから。

増してや日本の年金制度にも加入していない。。

尚更帰国は難しい。

フランスは2重国籍が可能だから、、海外移住後もフランスと繋がってるから良いのだけど。

日本は2重国籍は認められてない。
海外移住後には国籍は日本人なのに日本の銀行口座も開けない。
なんて本末転倒な事に。

しまなみ海道

長男と自転車で横断した、しまなみ海道。

随分と気に入ったみたいで、翌年には独りで野宿しながら再度横断をしました。


僕が働き始めたらしまなみに家を欲しいね。なんて嬉しい事を

オジサンはアトリエ付が良いのだけど。。

10年後かな?

息子頼みの家さがし、、情けない親です。。

しまなみ海道の家さがし




フランスの田舎町


先週の骨董市の話。

何時もホッペを出してフランス式の挨拶をするマダムが、今日は私に近づかない方が良いわよって握手だけ。

どうやら風邪をひいたらしく辛そうだった。

お大事にって言って別れたのですが、、。

そういう私もすっかり体調を崩して、鼻がぐずぐず、喉も痛い。

ボージョレ山地は8月末には紅葉が始まって、これから秋の突入です。

この季節は寒暖の差が激しいから、皆さん体調を崩しがちです。


私用があったので、山を降りて不動産屋さんのウインドウを冷やかしながら、、。

24万ユーロかア、、この辺りでは比較的高額物件。

フランスの田舎の家 (1)

左のカラーグラフはこの物件の断熱効率と二酸化炭素消費量。

詳細は忘れましたが、確か高いとペナルティーがあるか、税金が高くなるのかな?

これは売主の義務で私も家を売った時に専門家に来てもらいました。

半日くらい器具で計って費用は10万円以上、、何だかいい商売ですよね。

この物件は古いのかな?あまり良い結果では無いですね。

ヨーロッパは断熱性が重要で光熱費が凄い事になります。

まあ新しい家も壁が薄かったり手抜き工事があったりと、悪徳建築屋が居るのは日本と変わりません。。

フランスの田舎の家 (2)

それにしても、、門から家まで随分と遠いですね。。

ノルマンディーの家はこの物件の五分の一の面積の土地でしたが、、10日に一度の芝刈りが大変だった。。

サボると芝が伸びすぎて後が大変。

庭仕事は結構重労働です。

もう庭の広い家には住みたくないかなア

フランスの田舎の家 (3)

土地が6500m2だから 約2千坪位? 

家が280m2

リヨンから一時間で、現在のレート1€=138円で計算して3600万円位。

高いんでしょうか?

安いんでしょうか??


日本人の様に。

長男が見つけた夏休みのバイト

感心な事に、6月半ばから土日以外は一日も休まず続いている。

朝5時半に起き6時半のバスに乗って駅まで行き、そこから電車に乗り継ぎ片道2時間の通勤だ。


8月一杯の契約だったのだけど、夏休みが終わるまで来て欲しいと頼まれ一か月の延長。

夏休みは無くなったけど、、一週間延長するとパソコン一台分の給料になるから喜んで引き受けたそうだ。

270_P1730329_20140913022305c51.jpg


仕事先は半官半民のオフィースで、社会保険事務所。

10月から新学期が始まる大学1年生の為の学生保険の案内だ。

フランス中央部を大西洋側からスイス国境までが管轄で、一日に多い日は90件の電話の問い合わせが来るらしい。

空いた時間はメールの質問への返信作業。

日本と同じで色んな人が居るそうだ。

まあ余り変な人は居ないそうですが、書類が届かないとのクレームで鉄パイプで事務所に殴り込むぞ!
なんて物騒な保護者も居たとか。。

フランスの大学は国籍も色々で、、トルコ人の両親はフランス語が喋れないので、自分で電話を掛けてます。
ウンウン解りますよ。って息子は頷いたそうです。

そういう場面は?ウチも日本人家族で同じです。って言うの?
と聞いたら、息子曰くこちらの素性は言わないとの事です。

フランスの保険って高いわねって愚痴を言う方とか、
税金泥棒の移民が多すぎるって息子に同意を求める方とか。。

日仏ハーフらしい名前の子とか。。
相手はこちらが日本語で話し始めたら驚くのにね。

フランスアンティーク

先日は日本の大学へ留学する為に、海外保険の事を保護者の方が問い合わせて来たそうです。

電話の最後にお母さんでしょうか、マダムは まるで日本人の様な親切な対応をして頂き有難う御座います。
と言ったそうです。

息子が私は日本人なんですよ。

暫し沈黙の後に、そのお母さんが驚きの声をあげたそうです。

まあそりゃそうですよね。
日本人がフランスの複雑な保険のシステムに付いて説明してるなんて夢にも思わないでしょう。。

東京で生まれ2歳半でフランスに来て、その後はずっとフランスの教育を受けて来ました。
夏休みのバイト中なんです。

自分の素性を明らかにしたのは、この一回だけです。

私達も骨董の買い付けで沢山の人に出逢いますが、日本大好きと仰る方は多いですね。

あるムッシュの言われた言葉が忘れられません、
世界広しと言えども本当に尊敬出来る国民は日本人だけだ。。


信頼は無名の宝。


黄昏時


一か月程前に見つけたロードレーサーを試乗して来た。

フランスのサイクリング (1)

随分と陽が短くなってきた。

時間は20時。

黄金色に輝く光が一番美しい時間帯だ。

続きを読む

フランスの祭り


先週から町に旗を飾り付けだした。


こんな時期に祭りでもあったかな?


近所の人が旗を持ってきて窓辺に飾って下さい。と

フランスの祭り

ご近所の方は外国人家族が孤立しない様に、色々と気を遣って話しかけてくれる。

パレードが坂の上から降りて来る。
フランスのパレード (2)

今回の祭りはドイツの姉妹都市との締結50周年記念だとか。

フランスのパレード (1)

息子によるとフランスの若い世代はドイツに対するワダカマリは殆ど無いのだとか。。
フランス人はイギリスの方が微妙みたいですよ。。

フランスのパレード (3)

平和なマーチングバンド。

フランスのパレード (4)

何故かマイケルジョーダンの出し物。
そう言えば池袋西武デパートスポーツ館でマイケルジョーダンを見た事があります。
バスケット選手だから雲を突く様に大きいと思ってたけど、意外に大きくないんだなと思いました。

フランスのパレード (5)

オランダ?ドイツのも風車はあるんでしょうね。。

フランスのパレード (7)
夕方までパレードは続きました。。
フランスのパレード (8)

バカンスが終わり、、9月になって天気が安定してきました。

天候は人間の都合には無関心の様です。。苦笑






車検の予約

慌ただしい時間をぬって車検の予約に出掛けた。

出掛けたと言っても車で1分。

到着すると車検場は閉鎖され、新しい住所の案内が在った。


山を降りないといけないのか。。。


と、言っても車で5分位ですが、、。

フランスの車検 (1)

真新しい車検場

フランスの車検 (2)



続きを読む

プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle



仏蘭西・ボージョレ在住 西洋流絵師

 
    絵画制作

    骨董市巡り



興味とジャンル
   
    自転車散歩
    
    地質・気象

    ダンベル筋トレ
  
    旧市街 旧街道 
  
    サイクリング&野宿
  

生活スタイル 

  クロスカントリー
  
  田舎暮らし&時々都会


信条

  雑草の如く
  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読


持病

過敏性腸症候群


苦手

  集団

  蜘蛛

  オバケ

  タバコ

  繁華街 

  土の無い場所






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR