フランスの田舎暮らし


今日は久しぶりに北へ


ボージョレから小一時間も走るとブルゴーニュ地方へ入る

フランスの田舎 (2)

丁度、リヨン辺りを境界に建物が変わる。

北はブルゴーニュの重厚でシットリした感じ

南下すると明るい南仏の香りが。


ボージョレ山地の北部は以前住んでいたノルマンディーに似ている。

フランスの田舎 (1)

牛は人を見つけると近づいて来る。


可愛い。





スポンサーサイト

自作パソコン


やっと自作パソコンの完成。

取り掛かってから2か月?

自作パソコン (1)


時間が掛かったのは以前パーツを買ったショップの対応が悪かったから


補償期限内なのに、、何だかんだと言って対応しない。
ショップの対応が遅いので、こちらから直接に保険会社とメーカーに連絡を取ってOKの許可を頂く。

その書類を揃えてショップに転送、、、それでも解決しない。

もうCディスカウントでは買わない。


フランス事情を知る方では常識ですが、、この国のサービス業には全く期待していません。笑

事がスムーズに進むって事が無い、、連絡が伝わっていない、その都度対応する方が違うと言う事も違う始末。

慣れるまで怒ると言うより、、起こってる事が信じられなくて呆気にとられます。

次第に諦めの境地に達して、、日本基準だと普通の対応でも神様に見える。

そんな感じなので、これでは埒があかないと思い、パーツは他のショップで揃えた。

余り期待してなかったのだけど、そのショップの対応は感動した

メールの質問にもすぐに返信してくれる。

技術者も依頼しない事まで、検査してくれてたり。。

多分、、好きで仕事をしている人達が集まってるんだろうなァ

部品の交換もスムーズ。。


さて予算の都合でマイクロプロセッサはインテルのI3

自作パソコン (2)

僕が手伝ったのはビス留めだけ。。

自作パソコン (3)

自作パソコンは

同じスペックだとメーカーの既製品より安く購入出来るそうです。



ゼラチン


この春ダイエットの為にジョギングを始めた矢先に膝が痛みだした。

思い当たるフシはある。。

学生時代に京都で半月板を痛めている。

体重が重めなのも、、原因だと思う。

知らべたら、老化等で膝の間のクッションの役目をしている軟骨?が擦り減るんだそうだ。。

身長を測ったら学生の頃より1cm程低くなっていた。


320_ゼラチン コーヒーゼリー (3)


膝の痛みにはゼラチンの摂取が良いそうだ。←リンク


320_ゼラチン コーヒーゼリー (1)

コーヒーゼリーの出来上がり。←作り方

デザートとしては、カロリーも少ないし一石二鳥。

意外ですが、、コーヒーゼリーって日本生まれ?海外に無いんですよ。。。


さて、、ゼラチンの効果は如何に??


追記
出来ればクリームは本物を使いましょう。

コーヒーフレッシュの危険性←リンク


大陸の気候


今日は寒い

最高気温が13,3℃

先週、南へ足を伸ばした時は29℃

フランスの田舎暮らし 南仏へ (1)

フランスの田舎暮らし 南仏へ (7)

大陸は寒暖の差が激しい。

皆、喉をやられたり鼻がグズグズ。


リヨンから少し南下した場所でトイレ休憩

フランスの田舎暮らし 南仏へ (9)

木陰が恋しい季節

フランスの田舎暮らし 南仏へ (10)

木々の間から見える山麓の村。

行ってみたいなァ

多分ココ←リンク

フランスは巴里より田舎の方が好きだ。

フランスの田舎暮らし 南仏へ (5)

定年した人達は、混みあう夏休みを外して旅行する。

一度でいいからキャンピングカーで旅行してみたい。

ヨーロッパでは、レンタルも沢山あるんですよ。

フランスの田舎暮らし 南仏へ (11)

話に夢中になってると、、時速150km以上出てる^^。

気を付けないとね。


フランスの田舎暮らし 南仏へ (14)

オープンカーの季節

フランスの田舎暮らし 南仏へ (15)

帰国した時にこんな車に乗せてもらった。
シートに座ると地面に手が着いた。


ボージョレから南仏は予想外に近かった。

フランスの田舎暮らし 南仏へ (12)

もう少しで地中海。

巨星逝く


巨星逝く

BBキング

BBキング

悲しい。


優れた画家は無造作に置いた絵具が絵画になる。


彼の声はそれだけで音楽になる。






トレーシーチャップマンのレスペクトを感じる眼差しが印象的。



魂に響く歌声。







フランス19世紀絵画


先日、出逢った宗教画。

480_フランス19世紀絵画 (9)

480_フランス19世紀絵画 (20)

480_フランス19世紀絵画 (8)

480_フランス19世紀絵画 (34)


フランスの教会にあった19世紀の油絵。

その後、コレクターが私設の礼拝堂でコレクションしていた作品。

やっぱり肉筆画は迫力が有ります。

もっと見ていたかったけど、日本へ旅立ち。


もうこんなレベルの作品には出逢えないかも?


少し淋しい。。




水彩画


最近は水彩画に興味が。



好きな画風です。

ダイナミックな表現方法で作品にスケールの大きさと絵画的な品格を感じる。

作者は指揮者ですね、対象を見抜いて主役を惹き立てて作品に仕上げてゆく。

ただ現場を写しましたよ。では、、絵画にはならない。



透明水彩は油彩とは明暗へのアプローチが逆なので難しい。

油彩の場合は一番明るいパートは絵具の層をたっぷりと乗せホワイトを最後に入れる。

透明水彩は紙の白さが一番のトップになるから、そこは塗り残すのが基本。

トーンの造り方が真逆。

解っていても、自分の中で出来上がってる制作方法を壊して再構築するのは言う程簡単では無い。


重厚なマチエールがある作品が好きなので、透明水彩はこれからも本格的には取り組まない、、と思う、、。


でも自分の技法にヒントも与えてくれる。









戦勝記念日


昨日はフランスの戦勝記念日だったらしい。

イチイチ戦勝と言わなくても、、と言うフランス人も最近では多いらしい。

最近の若い層はドイツに対しても特別な感情が薄いそうだ。

ノルマンディー作戦でアメリカ軍が上陸して、喜んで迎えたのも束の間。

アメリカ軍の粗暴さ、強姦の多さに、、ドイツ兵の方が規律がとれていたと。。

戦後アメリカ兵が残した私生児が沢山生まれたそうです。

フランスも米軍を置く事も考えられたそうですが、
ドゴールが核で自国を守る決断をした背景には、こんな事も隠れて居るんでは無いでしょうか?

ノルマンディー上陸作戦などの映画では一切語られない部分ですよね。。

独立国家としてドゴールの決断は正しかったと思います。

面白いコラムを見つけました。

気になる点もありますが、比較的現実的な意見です。

ドストエフスキーは文学芸術的にも論理哲学的にも完璧だった。

トルストイは文学的芸術的に完璧だったが論理的には幼稚な部分が有った。

と言われているそうです。

O氏はノーベル文学賞を受賞されたそうですが、、論理的には後者ではないでしょうか。
一国の首相を呼び捨てだったらしいですが、、その部分も如何な物でしょう?

戦争はダメ!なんて誰でも言えます。

軍隊を持つな!、、本気?

憲法9条に関しては議論も許さない。

議論させない、これって独裁政権と同じ思想。

以前、自衛隊反対論者がよく使う言葉に
永世中立国スイスを見習え!。が有りました。

しかしスイスは徴兵があって有事の際には国民皆兵なんですけど。
2013年の徴兵制廃止を問う国民投票では否決されたそうです。。


中国の軍事費は毎年15%多くなっている。
その事には一切触れない。

まあ有事の際には、話し合いで解決するんでしょう。笑


日本の平和論って新興宗教に近いものがあるので、


何を言っても無駄の様な気もしています。





追記

誤解が生まれるといけないので少し補足します。
私は現在の状態での集団的自衛権行使には疑問を持っています。
アメリカに依存しすぎる安全保障にも危機感を感じます。
日本は米国以外の自由主義諸国、例えばEU等と安全保障分野で結びつきを強くするべきです。
しかし自国は自国の力で守るのが基本だと思います。

スイスの徴兵制に触れたのは、永世中立と言う言葉が日本では理想主義・平和主義と捉えられているからです。
私は日本の徴兵制導入には反対します。
第二次世界大戦はまだ人海作戦の時代でしたが、現代はハイテク戦争の時代だと言われています。
しっかりとした防衛体制を整えて、国が戦争に巻き込まれない体制造りが必要だと思います。


平和論者の中には日本に軍隊が無くても日本が攻められれば、
国際社会が黙っていない、国連軍が来ると言う論調がありますが、
軍事力を否定する方が、、国連軍と言う時点で論理破たんしています。

憲法9条が戦後日本の平和を守り戦争に加担しなかったと言うのは妄想です。
朝鮮戦争、ベトナム戦争でも日本の基地を使いました。
日ソ中立条約 独ソ不可侵条約などが、何の効力も無かったのは歴史が証明しています。
両国間で調印した条約でさえこの有り様ですので、
国内法の憲法などは国際紛争の前では何の効力、抑止力にもなり得ません。

戦後長く日本が平和を享受できた主な理由は
まず戦後の冷戦期が長かった事、
ソビエトと米国の核の均衡状態で辛うじて世界中を巻き込む大きな戦争は起こらなかった事。
旧ソビエトを除く日本周辺国には日本を脅かす程の勢力は存在しなかった事。
米軍と言う世界最強の軍隊が日本に駐留していた事。

近年その国際情勢は大きく変化しようとしています。
外交とは実弾を使わない戦争だと言われる事が有ります。
その平和時に置いても、その国の経済及び軍事力の大きさは外交力に影響を与えています。

多民族、国際社会の中で揉まれた経験から、海外に住む日本人、日系人の多くが国際社会の現実を知っています。
一部の日本の余りにも夢想主義的な平和論が如何に日本の国力を弱め、
しいては紛争の火種を自らが引き込む状況を作り出す切っ掛けになる事を。

備えあれば患いなし。

平和を願うが為に。




フランスの日常


フランスは未だ早春の天気。

朝方はまだ寒い。

高速道路の朝5時

フランスの骨董市巡り (1)

強盗対策で早朝は店に入れない。

小さな窓口から店員に欲しいモノを言って購入。

腕に刺青が見える店員のゴッツイ兄ちゃんはニコリともしない。

小さな村のスーパーだって昼の日中から覆面の強盗が来るらしい。

大陸はみんなこんなモンです。
アメリカよりはマシ。

結構本降りだったので、期待しなかったけど、、業者市は結構な人出。

フランスの骨董市巡り (10)

良いモノは業者間の奪いあい、、時にはセリの市場みたいな殺気が。。

値切り交渉なんて日本人からしたらケンカみたいに聞こえる。

顔見知りにならないと相手にされない雰囲気。


お次は90km位走って、お隣の県へ。

ノンビリとした競馬場が会場。

フランスの骨董市巡り (2)

ここは2年続けて雨天で中止だったので3年振りだった。

フランスの骨董市巡り (3)

前回は半分しか回れなかった。

一般の人が多いので温和な感じ。笑

フランスの骨董市巡り (5)

こんな所にも知り合いの中国人の業者さんが。
初めてらしく、、道に迷ったそうだ。
北京近くの出身で、簡単な日本語を喋る。
彼の人柄が好きだ。

フランスの骨董市巡り (4)

疲れたのでキールとチョコパンで一休み。
骨董の日は朝食を食べない。
キールが腹に染みわたる。

フランスの骨董市巡り (6)
スタッフのガタイが良いと思ってたら、地元のラグビーチームが主催だとか。。

ここは駐車場が近いので良いが、、遠いと会場から2kmも離れた場所だったり。

一回で50kg位の仕入は毎度だから、
会場と車を2往復して25kgのモノを持って10キロ位歩く事になる。
車輪の付いた手押し車を購入予定。

お次は山の中の街へ

フランスの骨董市巡り (11)
ココは家庭用品のフリマだけで収穫無し。

移民系の方が多いですが、皆さん衣類とか日常雑貨を探している様です。


帰りはディスカウントスーパーへ。笑

ビールなんて350㍉で40円くらい^^


フランスの骨董市巡り (8)

LIDLで買った3€=400円の短波ラジオ。

世界ラジオ


最近は一般のスーパーへは殆ど行かない。

特にノズはモンマルトル界隈にある様な強烈な店。

食品・衣類・日用品雑貨、、ありとあらゆる型落ち・処分品・放出品が山積に。

欠点は品揃えのムラが大きいところと、客層と店の殺伐とした雰囲気。

フランスの骨董市巡り (9)

一昔前は蚤の市と言えばアンティークのバイヤーか

貧困層が日常品を探しにと言うイメージだったそうです。

最近は不景気が長引いたせいで、中間層もフリマを利用しているそうです。

骨董市には生きる知恵が隠れています。


 武蔵野晩秋



古い写真を引っ張り出して。


絵具の乗せ方を試行錯誤中、、。


辛いんですよね、この作業。。


悶々と、、。


Rural landscape painting

関東には13年間住んだけど、

気に入ったのは武蔵野平野の広さと、その中に点在する屋敷林。


さて、、。


晩秋の穏やかな夕暮れを表現したいのだけど。



なかなか、、イメージに近づかない。









プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読




  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR