雨がち



雪の残る峠を越えて街へ降りた。


暖冬気味で雨が多い。


例年だと雪だろう、、。


410_SDC10001.jpg


古い建物だらけのヨーロッパ、


築200年以上なんてザラと言うか、、普通。


日本在住でパリ生まれの人が、パリの街並みなんて退屈って書いてた。


そう言えば、日本に来た外国人観光客の中で東京とか大阪に魅せられた、、と聞いて不思議に思ってた。


奈良や京都なら解るんだけどね。


電線と広告だらけで、建物のデザインも色彩の統一感が無い、ごちゃ混ぜの日本の大都会


まさしくカオス。


正月は神社で、結婚式はウエディング、葬式はお寺、、みたいな感じ。


でもそんなエネルギーに惹かれるんだろうなア。。


在仏20年を過ぎ彼らの気持ちが何と無く解る、、気がして来た。。














スポンサーサイト

芽が出た   半抽象画


芽が出た


半抽象画


ミキストメディア半抽象作品

油彩紙・ジェッソ・オイルコンテ・アクリル絵の具 

SIZE
H16,5cm W10,3cm

ボージョレ山地 雪


暖かかった日が続いたけど、急激に冬がやって来た。


400_SDC10005.jpg

スノータイヤで無いので気を付けて山を下る。

400_SDC10008.jpg

麓の町には雪が無かった。

320_SDC10004.jpg


一度位は検問があるかな?と思ったが警官の姿も見えない。


リヨン中心街も通ったが兵士どころか警官の姿も見えない。


駅とか官庁は厳重に守られているんだろう。。


先日のテロもパリの重要な建物が在る場所ではなく、、庶民の下町が狙われた。


知り合いのマリーの義理の姉妹の友人も今回のテロが起こった劇場で亡くなったそうだ。


30歳、ミュージシャン。


我々は生き抜ける事が運になりつつある、不幸な時代に突入したのかも知れない。
















深い悲しみ


ブログで取り上げる内容か、、悩みましたが。


テロは日常に潜んでる、この現実をお知らせ致したくて執筆する事にしました。


フランス追悼


息子に悲しい知らせが届いた。


安否を心配していた高校の同級生の訃報が届いた。


パリの劇場が彼女の最期の場所になった。


もしチケットを取らなかったら、もし当日急用で行けなくなってたら。。


ご家族の悲しみと彼女の無念さを考えると



胸が張り裂ける様な切なさを感じる。




無事に、、天国へ昇れる事を願っています。




もし生まれ変わりが在るとしたら、来世では安らかな人生を過ごせますように。












パリのテロ


今回の被害に遭われた方へお見舞いと、亡くなられた方々へご冥福をお祈りいたします。


460_パリのテロ (1)



金曜の夜は風邪気味だなと思って早くベッドに入った。

と、、言っても23時半だけど。


夜中の1時過ぎ頃に、、次男が寝室に来て、大変だ!パリで大きなテロが起こった。


キッチンに向かうと長男はパリの高校時代の友人達に安否確認のメールを一斉に送ってる最中だった。


これは、、大変な事が起こった。


これまでマスコミでも言われてた事はフランスでテロが起こるか起こらないか、と言うより


それは何時起こるか、と。


それが現実になった。


オランド大統領が発令したフランス全土に非常事態は戦後初だそうだ。





でも、、ここはパリから500km位離れた田舎、、それも山の中。


パリにも行った事の無い人も多い。


460_フランス国旗 半旗 (2)


住人は緊迫してるか?と思ったけど。。


普段と変わらず、、何やら冗談を言いながら立ち話してる。


460_フランス国旗 半旗 (1)



警察署の前の半旗だけが、、普段と違う事を告げている。




フランスの刺青事情




広告の表紙、、どこかで見た事のある顔。


ベッカム 刺青 タトゥー


サッカーはさほど興味無いのだけど、、。


ベッカムもH&Mは着るんでしょうか?


それにしても凄いタトゥー。



日本で浴場の刺青規制論争。。。


京都時代は銭湯でしたが、、まあ普通に彫り物したオジさんは居ましたね。

周りを威嚇するでもなく普通でした。

まあ頭を洗う場合は、あまりそっちに飛ばない様には気を付けましたが。。笑


これから外国人観光客をもっと誘致しようとしたら、、厳しい制限は無理でしょうね。。


と、、言うのも私の周囲にも刺青の人は一杯居るから。


空手の先生、、スーパーのレジのお姉ちゃんは鼻ピアスと刺青、郵便の窓口のマダムは首に刺青。。


夏の薄着になるとワンサカ居ます。


漢字も人気で沢山見かけます。


侍と彫ったつもりが痔だったとか。


そんな笑い話もありますが、、殆どはファッション感覚の一般人なんです。



夜の街 デラシネ


久しぶりに夜の町に降りた。


本当に久しぶり。


580_P2000009.jpg


暖かいせいか、カフェの外にも人々がチラホラと。



580_P2000010.jpg



日本から、、こんな遠い所で何してんだか。。



日本で生まれた男


異国へ行っちゃった。






冬の光



この時期は苦手、、と書いたが冬の光は特別だ。


フランスのステンドグラス (1)


暖色と寒色が交じり合う。


冬の夕暮れは短い。

フランスのステンドグラス (2)



至福の時間。



こんな曲が浮かぶ。






ステンドグラスの場所←ストリートビュー季節は夏








暗い季節


これから年末にかけてが一番苦手な季節。


フランスではクリスマスは親類一同が集まって過ごす。


我が家は親類も居ないから独りぽっち。

渡仏して暫くして、、

嗚呼ここから100km離れても、千キロ離れても、誰一人肉親も居ないんだな。

まるで宇宙に放り出された様な孤独感にさいなまれた事があった。

まあそんな孤独感も年月が過ぎて段々と少なくなってきた。

それでもこの季節になると、、淋しさが込み上げて来る。

尤も、、知り合いの日本人女性は、クリスマスの時期が憂鬱なんだって。

ご主人の家族一同が集まってフランス語でワイワイとしていても、、疎外感を感じるらしい。

その辺りは日本人の様な細やかな気配りは期待出来ず、フランス語で盛り上がるらしい。


家内が四十肩?五十肩?になってパソコンを打つのも一苦労。


包丁を持てないので、僕がカレーを作った。

フランス生活 カレーとビール (1)

3日位食べられるように、圧力なべに一杯。笑

フランス生活 カレーとビール (2)

カレーに会うビール。

フランス生活 カレーとビール (3)

アルコール度数の高い500㍉ 90円くらい

フランス生活 カレーとビール (4)

こちらは普通の度数の330㍉缶ビール。40円弱


一回で飲むのは量は、このグラス一杯。


若い時の様な飲み方は、もうしない。

フランス生活 カレーとビール (5)


19世紀の手吹きグラス。


形がユラユラと自分の人生の様。。









プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読




  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR