高原トレッキング

7月の最終日、時間が空いたのでお隣のローヌ県の高原を歩いてきました。

車を走らせ一時間で麓のシャルマゼルに到着。
バカンス中なのに静かな山里。
P1530155.jpg
観光案内所で地図を買って。

さらに登り口まで移動します。

さて出発です。
ここも既に1200m以上の高原です。

P1530156.jpg

P1530157.jpg

水が湧いています。

P1530159.jpg
しかし日本の様に飲めないのです。。理由は後ほど。

P1530158.jpg

西のオーヴェルニュ方面を望む
P1530160.jpg
坊ちゃんは草臥れたのだとか。。
P1530162.jpg
出発点を振り返る。何だか故郷の【四国カルスト】みたいです。
P1530164.jpg
平野は灼熱でしたが、山の上は涼しかったです。
P1530165.jpg

尾根の向こうは凄い突風でした。
この急激な変化には息子たちも驚いた様で、山の厳しさを少し解ったみたいです。
P1530169.jpg

牛達がこっちを見ています^^;。
P1530170.jpg

このゲートはトラクターなどは自由に出入りできますが、牛達はここを通れません。
P1530172.jpg
天空の牧場ですね。
P1530173.jpg
ヨーロッパは高山の上まで牧場などがあって羊などを放牧しています。
動物達の屎尿がが交じるので、山の水は飲めないんですね。
北海道もキツネが生息してるから飲めないとか。。

湧水に居たカエル。
P1530174.jpg
フランスでは珍しいです。
P1530175.jpg
高緯度なので昆虫も日本よりずっと少ないです。


息子にドロミテのトレッキングシューズを貸したので、今回はワークブーツで登りました。

下山中に草の上で滑って脚を捻挫してしまいました。

2週間経ってもまだ痛いです^^;。

やっぱり山歩きはハイカットの専用の靴が良いみたいです。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR