アングレーム国際漫画祭

朝から気分の悪いニュースが目に入る。


そろそろ始まると思っていた、アングレーム国際漫画祭。


次男がアニメ作家になりたい、なんて言った事があるから名前は知っていた。

フランスではアニメの学校はパリとアングレームにしかないそうだ。



その国際漫画祭で韓国が慰安婦のアニメを出品して上映するそうだ。

この漫画祭は日本の影響が強く、パリのジャパンエキスポにしたって日本側とフランス側が草の根で育ててきた経緯がある。

その影響力を嗅ぎ付けて必ず韓国が入ってくる。

入ってくるのは良いけど、そして必ず反日的行動を起こす。

Kポップがフランスを席巻した、なんて本国では宣伝してるそうだ。

しかし在仏の日本人なら皆知ってるけど、殆どのフランス人は韓国の話題なんてしないしイメージも韓国と言えば北朝鮮。


まあそれは兎も角、今回は日本側のブースは撤去され、韓国側だけ展示されたそうだ。
詳しくはここ

日本側の主張はナチスのガス室を否定するに等しいと言う理論。詳細はここ

韓国側の主張を展示させるのなら、日本側の展示も認めるべきだ。

全く開いた口が塞がらない。


早速パリの在仏日本大使館に確認の電話を入れる。


窓口からプレスに繋いで貰った。


担当は日本語が堪能なフランス女性。


こちらの主張を伝えて、大使館の対応をお聞きする。

現在大使館の方も現地に向かってるそうだ。


途中で息子に代わりフランス語でプレスの方と情報を交換する。

朝からもう何人もの日本人から、今回の事で電話が掛かって来てるそうだ。


大使館にはしっかりと対応して欲しい。


270_P1660655.jpg
       ヨーロッパ 人権憲章


法学部に通う息子曰く、日本側の主張を認めないのはヨーロッパ・人権憲章の代10条に抵触する恐れがある。

2003年に裁判所の判例では公務員だろうが民間人だろうが同じだそうだ。


息子がその事と抗議も含めて、国際漫画祭の事務局とアジア側の責任者の二コラ・フィネ氏にも連絡を取ってみる。

何度かけても混線中との事。

沢山の抗議が殺到してるのだろう。


仕方ないので賛助してると思われるアングレーム市役所にも電話をする。


こちらも回線がパンク。。


これだけの混線は、抗議が日本人だけでなく日本ファンのフランス人も含まれてる事を示す。


どれだけ反日的な行動を起そうが、長い間に形成された日本と言う国への信頼は揺るがない。


それ程に世界中に日本へのファンが居る。


文化・芸術・風景・そして一番多いのが日本人の優しさへ


これまでにも日本の事を話すと目をキラキラさせるフランス人に沢山出逢ってきた。


10年間東京に住んだと言うフランス人には、私の心の半分は日本人です。なんて言われた事もある。


その事は日本に住む日本人に伝えたい。


最後に


ホンサイク大日本帝国陸軍中将  1889年 朝鮮・京畿道生まれ 1946年マニラにて没

彼はアメリカ軍に捕らえられた時に朝鮮人として帰国を許されたが、それを断り大日本陸軍の軍人として裁判を受けマニラにて処刑された。

彼は国を超えて侍である。


その彼は靖国に眠っている。


西洋の植民地に置いて統治された国の人が統治した側の軍の指揮官になる事など考えられない。

統治時代の韓国においても後半は県知事・警察の6割は朝鮮人自身が職務に付いていたそうだ。


台湾も朝鮮半島も当時の日本は内地と同じレベルまで引き上げようとしていたのではないか。。


私はそう感じています。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR