黄昏時


一か月程前に見つけたロードレーサーを試乗して来た。

フランスのサイクリング (1)

随分と陽が短くなってきた。

時間は20時。

黄金色に輝く光が一番美しい時間帯だ。


路肩に自転車を止めると人懐っこい馬は寄って来る。

フランスのサイクリング (2)

親子かな? 
母馬に甘える様にすり寄ってる。
可愛いですね。

フランスのサイクリング (3)

フレームサイズが小さいのでサドルを上げたらトラックレーサーみたいなポジションに。

ロードレーサーの様に前傾姿勢の強い自転車に乗ると首が太くなります。
特に後ろ側が発達して後頭部との段差が無くなってしまいます^^。
普段は感じないですが頭って重いんですね:。
長距離を走った翌日は首から僧帽筋にかけて筋肉痛になります。

この自転車は持ち主がフランス人にしては小柄だったらしくて、フレームをオーダーしたそうです。
フランスのサイクリング (6)
調べたらブルターニュ地方のナントにあった自転車屋さんみたいです。
その昔はフランス各地にハンドメイドの自転車を制作する工房があったそうです。

フォークは綺麗にクロームメッキ仕上げされレーサーらしくクラウンは撫で肩。
フランスのサイクリング  フロントフォークなで肩(4)
パイプを繋ぐラグ部分は軽量化の為に肉抜き加工されています。
フランスのサイクリング 肉抜きラグ(7)

画像には無いですが変速機は懐かしいシマノの600.

最近はフランスでも新しく自転車を制作する工房が現れているそうです。

技術は一度途切れると再生には時間と労力がかかります。

それは日本の時計メーカーが機械式を捨てクオーツ一辺倒になった時に似ています。

今後に期待したいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

のまどさん、こんにちは。

ずいぶんと日が短くなったと言っても、20時でもまだまだ明るそうですね!
こちらは少しずつ日が長くなってきていますが、朝晩はまだ肌寒いですよ!

自転車で行ける範囲に馬がいるのを見て、こちらと同じようで親近感を感じます。
いまこちらは動物の出産ラッシュで、仔馬、仔牛、そして子羊をあちこちで見かけます!
友人宅の羊も子羊が次々に生まれ、前足をひざまずいて独特の姿勢で母乳を飲んだり、走り方が下手で4本足でロボットのように走る姿に癒されています。

No title

なおとしさん、こんにちは。

今日も山を降りて骨董市に出掛けていました。
明日も早朝から遠くへ買い付けに出掛けて来ます。
買い付けの様子はリンク欄の下の方、仏蘭西アンティーク亭雑記帳でもご紹介していますので、お暇な時に覗いてみて下さい。フランスのアンティークフェアの様子が少し伝わるかも知れません。

今朝の気温は9℃v-12でした。。

ボージョレ山地は9月になって急速に紅葉も進んできました。v-484

そう言えばフランスから地球の丁度反対位がニュージーランド辺りではないでしょうか。。
何だか不思議ですねv-15

以前住んでいたノルマンディーの家の周りは牛が大変多かったです。
野生のシカ・ウサギ・イノシシ・ハリネズミ等も見かけ、車との接触事故も多いです。

ニュージーランドは人口密度がフランスなんかより低そうなので、雄大な風景が広がっているイメージが有ります。
これから南半球は良い季節ですね。
ヨーロッパの冬は長くて暗いのでウンザリです。。
プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR