契約と信頼

息子が日本の六法全書を本屋で見て驚いたのだそうだ。

分厚くて驚いた?

って聞くと。

六法全書 (1)

薄くて驚いたんだそうな。

フランスは民法・刑法・行政法・労働法・法人法を全部合わせると

六法全書の何倍にもなるのだそうだ。

また日本の特徴は刑法が少ない事の様です。


でもそれは日本が島国で単一民族に近く犯罪も少なく平和だからなんじゃないかな?との感想を持ったそうだ。


反対にアメリカ等は訴訟社会そして多民族国家なので法律も複雑なんでしょう。


220_六法全書 (2)

そう言えば、西洋の実業家が日本で口約束だけでビジネスが始まって約束を守る事に驚いたそうです。

それはフランスでも考えられない事だと思います。

パピエ=紙と言ってどんな小さな事も書類に残す契約を交わさないと効力が発生しない。

反対に書類を交わしても翌日に破るのは中華だそうで、

世界には常識が通じない場所もある事を認識する必要があります。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR