ナポレオンⅢ世アンティーク額


どうにも仕事が忙しくて、日本へ発送ラッシュです。

12月には自分の作品も東京へ送る予定です。

今回は大きな額を2枚梱包。

19世紀の大きなナポレオンⅢ世額。

フランスアンティーク額 (1)

ガラスの入った額の梱包が一番気を遣います。

フランスアンティーク額 (2)

建物用の断熱用ムース。

固まると発泡スチロールになるので額に合わせて型を作ります。

フランスアンティーク額 (3)


これが一本1600円と高いのが悩み、大きな額だと2から3本必要です。

古い額は漆喰装飾なので細心の梱包が必要です。

翌日固まったら、両側から卵のケースみたいな大きな特殊梱包材で挟みます。

そして業務用の大きな段ボール材に入れて、出来上がり。

アンティークは規格の大きさが無いので、箱などはその都度造らなくてはいけません。


フランスアンティーク額 (1)

日本へ無事到着を祈ります。

フランスアンティーク額 (2)

今回は東京で舞台装飾などを手掛けて居られるショップさんへ

昨年は神戸の結婚式場のアンティークミラーそして東宝映画・黒執事の小道具などでご協力させて頂きました。


私達が探したアンティーク品が異国でどの様に使われるのか、、興味深いです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

のまどさん。

ガラスの入った額の海外発送は、大変そうですね!
美術品の梱包など私には未知の世界ですので、断熱用のムースで固めるとは驚きです!

今日は、故郷 新居浜の太鼓祭り
何だかそわそわします(笑)

No title

なおとしさん、おはようございます。
こんにちは、、かな?
ヨーロッパとニュージーランドは時差は何時間でしょうね。

やはりアンティークガラスの付いた品は気を遣いますね。
そう言えば知り合いの骨董屋さんはNJのアンティークショップへコンテナで発送していました。

なおとしさんは東予近辺だとお察ししてましたが、新居浜でしたか。。
盆と正月には帰らなくても祭りには帰る新居浜人だそうですが、、遠すぎますねェ
息子達には見せてやりたいです。
プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR