ボージョレの雪景色


3月の展覧会に向けて制作中

ボージョレの雪景色

案内状が1月半ばに来た。


せめて秋くらいに来てれば。。


4点程制作してみて、、3点程出品してみようかな?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ボージョレの雪

のまどさんこんにちは。先日は過分なコメント頂きありがとうございました。

ボージョレの雪景色の絵はさりげなく描かれているようですが、じわりと心にくる気配を感じます。一見単純な色調のようで微妙な肌や色の変化が多分そういう想いにさせるのかもしれませんね。

3月の展覧会で1月からというと大変だと思いますがこうして絵が拝見できる機会になるのは嬉しいです。

No title

与堂さん、コメント有難うござます。
雪景色はノルマンディー時代に10点近くを描いたのですが、、満足する出来には至らなかったです。。
今回はリベンジです。笑
マルケとかモランディーが好きなのですが、、モノトーンは難しいですね。

時間が無いのでジェッソでテクスチャー作って、アクリルの薄い有彩下地で整えてからオイルコンテで線を引いて仕上げは油彩にしようと思っています。

こうやって構想を練ってる時間は愉しいですが、描き出すと苦闘の連続ですね。

間に合うか。。。ハラハラしています。
プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR