昭和の風景


アトリエには習作とか描きかけの絵が沢山。。


瀬戸内風景 (1)


途中だった瀬戸内の絵に少し筆を入れてみた。


瀬戸内風景 (4)


同じモチーフで3枚描いたのだけど、少しずつ変えて。


一枚は年末のグループ展に展示して頂いた作品。


こちらはFの0号

瀬戸内風景 (2)

こちらは3号

瀬戸内風景 (3)


泥道の路地は子供の遊び場だった。

ビー玉、めんこ・缶けり・かくれんぼ。。

日が暮れるまで、泥だらけになって遊んだ。


板塀のあった昭和の想い出。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

野窓さん こんばんわ
このようにアトリエでの作家さんの製作過程を拝見していると
別世界に入り込んでいるようで楽しいですね



No title

しょうちゃんさん、お久しぶりです。
今日は久しぶりの天気で骨董市に出掛けて来ました。
下界は雪が無く、、拍子抜け。

古い絵にも手を入れてますが、半抽象の様な新作のイメージも固まって来ました。
私もそろそろ自分が本当に描きたい核心は何なのか?を明確にしなければいけない歳になりつつあるようです。

ブログをやられているのですね。
旧サイトからリンクの書き換えました。
また作品を拝見出来て愉しみが増えました。
プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR