追憶  黄昏に染まる頃

今覚えばノルマンディーも懐かしい。

と、次男が夕食時にポツリと。

駄目だよ、そんな若い頃から昔が懐かしいなんて言ってたら、

パパなんてこの歳になっても将来にしか興味が無い。

と言ったら、、。

エッツ!だってパパ仕事が終わって夜になると、何時も四国の画像見てるじゃん!


あら知ってたの?笑



夕暮れ時
制作2日目


田んぼが遊び場だった。

日が暮れて辺りが見えなくなるまで、土にまみれて。

20年振りに訪れた故郷に田んぼは無く、宅地化していた。

懐かしい風景は記憶の中だけに。

夕暮れ時
制作3日目










農家の入口

農家の入口
 未完


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

心が帰る風景

のまどさん こんにちわ
何か夕餉の仕度の音と匂いが漂ってくるようです 遠く子供の遊び声が響いてきます
一日で最も開放される黄金色のひと時の描写ですね

母の旧姓は首藤と言って平家の落人の末裔で 遠い昔 母に連れられて高松へ渡り 汽車で松山へ
さらに乗り換えて 夕暮れにご先祖墓参に行った時の事を思いだしました
しみじみと拝見させて頂いております

 蓬葉を両手で丸めて母を画く  う

No title

しょうちゃんさん、こんにちは。
先日の猫1のスケッチの顔が最高でした。
コンテも好い味を出されますねェ。

友人宅は3世代の兼業農家だったので、敷地に3軒建っています。
中央の家は友人が神社造りで建てた物です。
記念に絵でも送ろうかと制作中です。

しょうちゃんさんも平家ですか、、ウチも父方母方共に平家です。
四国の山の中にはそう言う隠れ里の様な集落が点在していました。
私が子供の頃は祖谷渓谷に住む老人は生涯海を見た事が無い、、なんて話を聞きました。

首藤さんって松山方面に多いですね。
そう言えば四国に帰省中にNHKの首藤アナウンサーと話した事が有ります。

祖母は松山の千船町で店をやってたそうですから、しょうちゃんさんのお母様とすれ違ってるかも知れませんね。
昭和初期の話です。。
プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR