武蔵野晩秋



古い写真を引っ張り出して。


絵具の乗せ方を試行錯誤中、、。


辛いんですよね、この作業。。


悶々と、、。


Rural landscape painting

関東には13年間住んだけど、

気に入ったのは武蔵野平野の広さと、その中に点在する屋敷林。


さて、、。


晩秋の穏やかな夕暮れを表現したいのだけど。



なかなか、、イメージに近づかない。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

のまどさん、こんばんは。

のまどさんが住まわれていた頃の武蔵野平野には、こういう光景もあったのですね。
偶然ですが、上の息子が先月より武蔵野平野に引っ越し私はその関係で長らく滞在しておりました。
武蔵野平野は確かに広いですが、このもしかしたら辺りかも、、、、。

現代版の写真が必要ならておっしゃってください(笑)

No title

なおとしさん、こんにちは。
息子さんが引っ越されたと仰ってたのは、てっきり四国だと思っていました^^。
遠くだと、さぞご心配でしょう。。
私も息子がパリで独り暮らしをしている頃は、毎日の様に心配していました。
さだまさしさんの案山子の心境ですねェ。

私は関東では杉並の阿佐ヶ谷に始まって、高円寺、神奈川の金沢文庫、そして東横線の白楽駅、それから千葉の市川市へその後は都下の国立市へ、、そこまでは独り暮らし、、以降は都下の東久留米市で長男が生まれて埼玉の東松山市へ。。。

田舎の人は東京って大都会でコンクリートだらけと言うイメージが在ると思いますが、80年代は多摩地区等は広大な畑とか点在していて、青梅街道、甲州街道沿いには屋敷林も存在していました。
絵にも残しましたが、、現在はどうなってるんでしょうねェ

新天地での息子さんのご健闘をお祈り申し上げます。
プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR