フランスの警察

昨年だったか、

交番のパトカーに墨汁が掛けられた日本のニュース

それを見ていた息子が、エッ? これってニュースになるの?

そうそう、日本では駐車中の車がパンクさせられたり、
住宅街でスプレーによる落書きもニュースになるよ。
パトカーがねェ、暴走族に鉄パイプで叩かれも、全国ニュースになるんだよ。

息子が、それって違う意味で凄いなァと驚きを隠せない。

確かにフランス社会との落差が大きくて、息子達にはイメージ出来ないらしい。

極左デモで襲われるパトカー




治安の悪い場所で集団に襲われるパトカー



警戒中の警察官が集団に襲われ、
逃げ込んだパトカーに火炎瓶を投げ込まれる。



2人の警察官が大火傷を負う。
1人は女性の警官で顔に火傷を負う。




海外に長年住んで確信した事は、
この世界から暴力は消えないし、戦争も無くならない事。

世界の人達と手を繋いで平和を、、。
現実の世界を知らない幻想ですね。

自身は護身術と武術で、自国は軍事力で守らなければ。

それが海外生活で実感した事です。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR