寒い5月


ずっと雨がち。

夕暮れの晴れ間を見て、

自転車で小一時間。
フランスボージョレ地方 (2) 

誰も居ないボージョレ山地の田舎道。

途中追い抜いたスクーターが一台だけ。

フランスボージョレ地方 (1) 

タイトルを変えた。

ボジョレ―・ボジョレ・ボージョレ。

カタカナの色んな表記。

どれも違う。

強いて表記すると、
ボォゥジョレィかな?
最後のレィを短く強く上げる感じ。

来仏当初はFRANCEとPARISと言う単語も通じなく苦労した。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

のまどさん、こんにちは。

このボージョレ山地の何気ない田舎道を見て、えっ?って驚きました。
今日主人とうちからマタマタの町まで用事でドライブしたのですが、その景色にあまりに似てるので。
お天気は良いものの気温は低く、雲の様子も似ているのでしょうか。
牧草地のちょっとさびれたフェンス、ちょうど紅葉の後の葉が落ちた木(こちらは秋なので)とか景色がニュージーランドそっくりです。

ちなみにマタマタの町は何にもない小さな小さな町ですが、映画ロードオブザリングのホビトンの撮影現場になりその後ホビトン村が再現され今でも世界中から観光客が訪れる有名な町になりました。

この前の”Mirror Lake” の続きですが、その数日後に氷河近くまで歩いたあとで
湖の反射がきれいで有名な” Lake Matheson ”を見てMirror Lake より感動したのでググって見てください。
たまたまお天気が良くて夕方の日が山を照らして見事でしたが、それは天候、時間帯のタイミングが完璧だったと後から知りラッキーでした。その数時間前に歩いた人たちは雲が陰になり反射が半減だったらしく、雲が動いたのでまた重いカメラを抱えてわざわざ歩いて引き戻してきた人もいました。
有名な景色なので、ニュージーランドのカレンダー、コースター、ポスターなのでよく見かける風景です。

つい景色の話に熱が入り失礼しました(笑)

No title

なおとしさん、こんにちは。
週末は珍しく家族揃って山を降りました。
朝は晴れて夕方からスコールが来て、下界に比べて山は数℃低いです。

マタマタって面白い名前ですが、アイヌ語の様な先住民の言葉でしょうか?
地図で見ましたが、ニュージーランドも思ったより広く、
人口密度も少なくて日本より大自然が残って居そうで住むには良い国だと思います。

ヨーロッパは日本から比べると広いですが、人家の全くない場所は少ないです。

南フランスに来て驚いたのは、新居浜と言うか瀬戸内の土と光に近い事です。
花崗岩の風化した白っぽい赤い土がそっくりで、懐かしい気持ちになりました。

南島のLake Mathesonも想像を絶する様な美しさですね。
ヨーロッパとは違うスケール感を感じました。
こちらの紅葉は日本ほど鮮やかで無いのですが、そちらはさぞ綺麗でしょうね。

スバルレガシー・アウトバックにテントを乗せてキャンプに出掛けて夢を見そうです。

No title

のまどさん、

MATAMATA(マタマタ)の町の名前は、こちらの先住民マオリ語からきています。
ニュージーランドの町名やストリートの名前は、かなりマオリ語が多いです。
発音は日本語にかなり似ていてローマ字読みでOKなので、私には覚えやすいです。
以前住んでいた町は、OMOKOROA(オモコロア)でした。
ニュージーランドをマオリ語では、AOTEAROA(アオテアロア)と言い、AO(雲)TEA(白い)ROA(長い)という意味らしいです。

No title

なおとしさん、こんにちは。

やはりそうでしたか、マタマタって英語っぽくないですもんね。
マオリ族で想い出したのですが、確かK1と言う格闘技で活躍したマークハント選手はニュージランド出身だったような?
彼の人柄も戦い方もファンでした。
試合前の緊張した場面でもカメラの前でおどけたり、負けた試合でもインタビューに笑顔で答えていた姿に一気にファンへ。
負けて引きあげる時に汚い言葉で罵ったり、器物破損して暴れたりする選手も居たんですよ。
彼はヨーロッパ系の白人とは違う気の優しい野生児の魅力がありました。
私は昔から主流で無い環境の人達に想いを馳せる傾向が有ります。

姪っ子がアイヌ系の人と結婚しました。
働き者で良い人だそうです。
若いカップルに幸あれ。

プロフィール

野窓

Author:野窓
     
Lieu de naissance : Niihama, Ehime, Japon

district d'Ochi

Ancien fief de la famille Ochi au 7eme siecle


ワイン産地・ボージョレ地方在住 

西洋流絵師

標高500mの山で生活しています。
大きな駅まで山を下って20km
各停の小さな駅まで10km
不便な生活を楽しんでいます。

活動
    絵画制作

    西洋骨董屋

信条

  
  群れず



  小さな画廊を持つ事

  自給自足&晴耕雨読



趣味 

 自転車
 
 アンティークウォッチ

 靴
  






















    

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR